予防接種とは

予防接種

予防接種は、人に備わっている免疫の仕組みを利用し、特定の病気の罹患リスクを減少させる手法です。細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを接種することにより、特定の病気に罹患しにくくなる、罹患したとしても症状が軽くて済む、といった効果が得られます。

当クリニックで行える成人期のワクチン接種

  • インフルエンザ
  • 肺炎球菌
  • 帯状疱疹

など

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザは、冬になると、毎年のように罹患者数が急増する呼吸器感染症です。インフルエンザウイルスに感染することによって引き起こされます。通常、1~3日程度の潜伏期間を経て発症し、急激に全身症状が現れるのが特徴です。高熱や悪寒、全身のだるさ、関節痛・筋肉痛、激しい咳、吐き気、下痢などによって体力が低下し、多くの場合は寝込むようになります。

合併症がない場合、ほとんどの症状が2~3日で収まりますが、熱は5日程度、咳は10日以上続くこともあります。感染力が強く、免疫力が低下している高齢者をはじめ、乳幼児、呼吸器や心臓疾患がある場合は肺炎を併発し、重症化することもあります。入院が必要となったり、死に至ることもあります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザを予防する手段として、特に有効とされているのがワクチン接種です。接種してから予防効果が出るまでに約2週間かかりますが、その効果は約5か月間持続します。通常、12~翌年3月頃の寒い時期に流行していますので、その前に予防接種を受けるよう心がけてください。

なお、インフルエンザウイルスにはA、B、C型があり、それぞれに多くの亜型と異なる株がありますが、C型が問題になることは極めてまれです。変異を繰り返すことが多いので、毎年、その年の流行型を見極めてワクチンが準備されています。

肺炎双球菌

肺炎球菌感染症とは

肺炎は、原因となる細菌やウイルスが口や鼻を通じて肺に入り込み、炎症を起こす病気です。人には病原細菌から身体を守る防御機能が備わっているため、通常は原因菌を撃退できるのですが、病気やストレスなどによって免疫力が落ちているときは、肺に入り込んだ原因菌が悪さをしてしまうのです。肺炎は日本人の死因の上位を占めており、高齢者の方は特に注意が必要です。

この肺炎の原因菌として最も頻度が高いのが肺炎球菌です。また、この肺炎球菌は慢性呼吸器感染症や中耳炎、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎などの原因ともなります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するには、事前にワクチン接種を受けておくことが重要となります。近年は、抗菌薬の耐性化によって治療が困難な症例が増加していますので、ワクチンによって事前に感染リスクを下げておくと良いでしょう。

※肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防できるわけではありません。ワクチン接種後も、うがいや手洗い、口腔衛生など日常生活上の予防対策を怠らないでください。

※高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種となります。原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)について費用の一部または全額が助成されるのですが、自治体によって異なります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・保健センター)にお問い合わせください。

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスに感染することで起きる病気で、水ぼうそうを発症した方に限定されます。子どもの頃に水ぼうそうを発症した方もいるかと思いますが、水ぼうそうの原因でもある水痘・帯状疱疹ウイルスは、治癒後も体内に潜伏し続けます。

その後、免疫が低下している状態(悪性腫瘍やケガ、ストレスなど)になった際に潜伏していたウイルスは活発化し始め、神経痛のような痛みが出たり、痛みを感じた部位から小水泡が帯状に生じたりします。この状態を帯状疱疹と言います。

成人になってから発症する場合がほとんどですが、小児でも稀にあります。その場合の症状は、神経の流れに沿うように全身にわたって帯状の水庖が現れるようになりますますが、痛みは大人ほどありません。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチンには、感染症の原因となる細菌やウイルスの病原性を弱くしたものや、成分の一部を取り出したもの、また病原性を全くなくしたものがあります。ワクチンを体内に接種すると、そのワクチンに対しての免疫力を高め、病気の発症や重症化を抑えることができます。
帯状疱疹の予防には、50歳以上の方を対象としたワクチンがあります。水ぼうそうにかかったことがある人は、すでに水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を獲得していますが、年齢とともに弱まってしまうため、改めてワクチン接種を行い、免疫を強化することで帯状疱疹を予防します。予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽くすむという報告もあります。